ISIS People

編集する人々

  • ママ×編集

    ママ師範代を増やすのが私のミッション

    NPO 法人マドレボニータ
    産後セルフケアインストラクター

    新井和奈

    私は NPO 法人マドレボニータの産後セルフケアインストラクターで、理事と養成事業を担当しています。
    マドレボニータとはスペイン語の「美しい母」という意味です。

    ■産後セルフケア インストラクターの仕事

    仕事では、産後1年未満のお母さんと赤ちゃんといっしょに、オンラインで、ストレッチや産後の体に負担をかけない筋トレのレッスンをしています。
    1回 75 分のレッスンではまず身体をほぐして、そのあと対話のワークをします。
    産後は赤ちゃんのお世話に追われてなかなか自分の時間がとれないお母さんが多いので、対話の時間を通して「私はどうありたい」と自分を主語にして話してもらうことを、とても大事にしています。
    レッスンの最後には毎回、肩こり解消のストレッチや骨盤を起こして座る座り方など、おうちで簡単にできるセルフケアをお伝えします。
    私がイシス編集学校に入門したのは、産後ケアの対面教室に通ってくださっていた方から「とっても合うと思うよ」と勧めてもらったことがきっかけでした。

    ■「すこしずつ私は変わっていっている!」と実感!

    基本コース[守]は、正解が何かわからないことがたくさんあって、でもお題に答えていくことはできて、おもしろかったです。私は多分、他の方より[守]の学衆のときから、いろいろ調べ物をしないと回答できませんでした。少しでもいい回答をしたい、見栄を張りたかったんだと思います(笑)。
    そうやってコツコツ稽古をしていると、「すこしずつ考え方や捉え方が変わっていっている!」と実感できました。師範代から指南をもらうのも、すごく嬉しかったです。
    指南が届くたびに師範代って、すごいなと思っていました。私の仕事はリアルでもオンラインでも人の表情を見ながらレッスンするわけですが、イシスでの稽古はぜんぶメールです。文字だけでもこれほど相手をリスペクトした対話ができるんだと驚きました。それだけのコミュニケーションスキルを、ホスピタリティを、師範代みんなが漏れなく身につけているって「どういうこと?!」ってすごく気になりました。

    ■「アイドル・ママ教室」、深夜2時にスタート

    その師範代の秘密を学べるのが養成コース[花伝所]です。花伝所の稽古や師範代の経験を経て、例えば、他の人が書いたメールを見ても「ああ、ここを直したほうがいいな」と気付けるようになりました。
    でも、[花伝所]の稽古では、師範に不足をずばっと突かれて、悔しくて泣いたこともありました(笑)。
    47[守]では「アイドル・ママ教室」、47[破]では「アイドルそのママ教室」の師範代として登板しました。
    私は三児の母でもあり、その頃は下の子の寝かしつけが必要だったので、夜一緒に寝てから、深夜 2 時くらいにむくっと起きて、夜中静かなときに指南していました。
    学衆さんから回答が来ていると、どうしてもすぐ返したくなるんです。編集稽古を通して、学衆さんたちのいろんな考え方を知ることができるので、それが楽しかったです。

    ■お母さんと師範代は似ている

    イシスで学んで、子どもとの関わり方も変わりました。
    いままでは、子どもに一方的に自分の言いたいことだけ伝えて、プイってそっぽ向かれていましたが、[花伝所]で学んだ方法を実践することで子どもともだんだんいい関係を築けるようになったし、編集術の理解が深まるとともに家族との対話も上手くなったと自覚しています。
    お母さんと師範代は似ているので、いろんなお母さんたちにぜひともイシス編集学校の師範代になってもらいたいです。
    私は自称「師範代製造機」。ママ師範代を増やすのが、イシスでの私のミッションです。

  • リベラルアーツ×編集

    日本流のリベラルアーツを再編集する

    「知窓学舎」塾長
    多摩大学大学院客員教授
    ジャーナリスト
    『自分で考える力を鍛える 正解のない教室』(朝日新聞出版)

    矢萩邦彦

    僕はもともと松岡正剛校長が編集長を務めていた雑誌「遊」や、千夜千冊を読んでいて、イシス編集学校には 2007 年に入門しました。
    それ以来、自分でも松岡校長のように、宇宙の始まりから現代までを 1 冊にまとめてみたらどうなるんだろう、世界を曼荼羅的にあらわしたらどうなるんだろうとずっと考えていました。

    ■ミッションは「日本流のリベラルアーツを再構築」

    イシス編集学校では、基本コース 17 期[守]に入門後、応用コース[破]、編集コーチ養成講座[花伝所]へ進み、世界読書奥義伝 4 季[離](最優秀賞・典離)を受講しました。
    また、2008 年に 20[守]・20[破]の「道侠オルガン教室」、2013 年の 30[守]では「越境アルス教室」の師範代として登板しました。
    僕のミッションは「日本流のリベラルアーツを再構築する」ことだと思っています。イシス編集学校に入門したり、[AIDA]に参加したりする方々は、リベラルアーツの重要性は実感していらっしゃると思うのですが、日本全体を底上げするような教育に変えたいと思っている僕としては、初等中等教育のうちからそのような素養を身につけられるようにしたいと日々活動しています。
    『自分で考える力を鍛える 正解のない教室』(朝日新聞出版)も、中学受験をする小学校高学年以上の人であれば、中学生も高校生も大学生も社会人にも楽しんでいただけるように書きました。

    ■中世の「自由七科」がなぜあの 7 科目だったのか

    日本流のリベラルアーツで、もっとも優先して扱うべきことの一つは日本語の文法だと思っています。
    ただし、いま世界中で使われている「機械語」は、英語から生まれたものです。英語は主語が明確で、結論がないと話し出すことが難しいという特徴があります。一方、日本語には「話しながら考える」ことができるという特徴がありますが、このような文法の違いを無視して、欧米のリベラルアーツをそのままもってきてもうまくいきません。
    日本では、古代ローマにはあった「リベラルアーツ」の体系がすでに崩れてしまっています。世に出ている本を見ると、リベラルアーツと銘打っていても、雑学の寄せ集めになってしまっているものも多いと思います。僕は、中世の「自由七科」がなぜあの 7 科目だったのか構造的にとらえたうえで、それが現代の日本でいえば何にあたるのか考えて、再構築していきたいと考えています。そうやって「リベラルアーツってこういうものだよね」という共通認識ができれば、教育への導入も進みやすいと思っています。

    ■今いちばん必要な3つの力 編集力・国語力・想像力

    僕は「知窓学舎」という私塾を経営しています。
    哲学的な話は、実は子どものほうが響くことがあります。たとえば、世界は 5 分前に出来たと考えるニック・ボストロムの「シミュレーション仮説」は小学 5 年生がいちばんどよめきます。量子論なら、大学生よりも中学生に響きます。
    塾の保護者会などでは、いまいちばん必要なのは「編集力・国語力・想像力」の3つだとよくお話します。中学受験では「新タイプ入試」が導入されています。
    たとえば、リンゴが書かれた絵画を見せて「作者に聞いてみたいことを書いてください」と問うなど、模範解答のない問題が出されます。ここで見ているのは、受験生の回答と、自分の学校のアドミッション・ポリシーとの相性なんです。受験生側からすれば、自分の言いたいことを伝えるだけでなく、学校との対話が必要になるわけです。
    これって編集ですよね。このようなお話すると、肌感覚では保護者の 3 分の 1くらいの方が納得してくださいます。

    ■「世界を編集する」スタートラインに立つ

    構想 15 年、執筆に 2 年半かけて『正解のない教室』を書いたひとつの目的は、世界という全体像を把握してもらうことです。
    まず自分がどんな世界に生きていきたいのか、それを考えるにしても、まず全体像を把握する必要があります。
    この本を読めば、「世界を編集する」ということのスタートラインに立てると思っています。

  • アセットマネジメント×編集

    日本語で深く考える力を身につける

    アセットマネージャー
    不動産投資ファンド

    平野しのぶ

    きっかけはスーザン・ソンタグの千夜千冊でした。
    あの千夜を読んで、松岡校長に対して「私はあなたみたいになりたかったんです」と思いました。憧れるというより「そういう人間でありたい」と感じたんです。

     

    ■「母国語で深く考える力」がほしい

    イシス編集学校に入る前、松岡校長の話を聞きに行ったり、各方面から話を聞いたり、まず、松岡正剛という人物を徹底的にリサーチしました。調べれば調べるほどに「間違いない」と確信することができたので、この人に師事しようと決めてイシスに入門しました。
     実は、イシスに入門するずっと前のことですが、大学院でMBAを取りました。でも大学院は、言ってしまえば付け焼き刃的な教育で、ちょっとがっかりした思い出があるんです。私としては、レポートを書くなどちゃんとアカデミックな訓練を受けたかったのですが、それもかないませんでした。そのとき、私が欲しいのは「母国語で深く考える力」だと気づきました。

     

    ■「書く」とはすなわち「考える」こと

    そもそも私は母語が日本語ですから、日本語をしっかり使えないと仕事になりません。日本語で考える力を養うと言えば、イシス編集学校は最適の環境です。とくに養成コース[花伝所]に入って指南が書けるようになってから、手応えが大きく変わりました。自分が場をまわせるようになると、よりインタラクティブなやりとりを生み出せるようになりました。
     イシスでは「書く」ということをトレーニングしますが、「書く」とはすなわち「考える」ことですよね。資本主義社会では、指示であっても伝達であっても、いかにして短い言葉で伝えるかという効率が求められますが、ミニマムな言葉だけ使っていたら言葉がやせ細ってしまいますね。

     

    ■日本語は最大公約数に近い?

    ハイパーエディティング・プラットフォーム[AIDA]も刺激的です。AIDA season3のテーマは「日本語としるしのあいだ」でした。AIDAでの学びを通して「日本語は最大公約数に近いのでは」と思うようになりました。世界で広く使われている英語は言語の最大公倍数かもしれませんが、日本語はその特徴としてさまざまな言語に共通するものを多く持っているように思います。
    このように知的欲求を満たすという点で、イシスに代わるものはほかにありません。私は性格的にベタベタできないので、仲良しクラブには興味はありませんが、いまの私は仕事だけでは見方を広げるには物足りないので、馴れ合いにならずに知的な学びができる場としてとても貴重ですね。

     

    ■イシスはこんな人におすすめ

    息子を含めて、これまで10名ほどの知人や友人にイシス編集学校を推薦してきました。私が推薦した人は、もともとポテンシャルがあって、なにか突破口を探しているという人たちです。
     本を読むことが好きだったり、マーケティングに携わったりする人たちはイシスと親和性が高い気がします。イシス編集学校では「言葉を選ぶ」というトレーニングをするので、たとえばデザインの細かい方向性など、言語化しにくいものを言葉で伝えなければならない人たちも仕事で活かせるスキルが身につくのではと思います。

  • next
  • prev