イシス編集学校
松岡正剛の千夜千冊


  

   「NPOの情報発信のための、クロニクル編集ワークショップ」




日本財団CANPANプロジェクトとイシス編集学校によるNPOの情報発信講座。
大変ご好評だった前回の「~NPOのための~ 情報発信に効く!編集術ワークショップ
につづきまして、新しく、連続講座シリーズを開催していきます。

今回は、情報発信にとても重要な「編集」に加え「インタースコア」がテーマです。

見えないニーズを可視化して、様々な工夫で活動を行っているNPOにとって、
その活動を今一度、見直してみることが、とても大切です。

ご自身がなぜNPOに携わったのか、社会的なテーマの変遷を辿りながら掘り下げてみる。
そしてさらに、NPO自体の活動を色々な切り口で見直し、「これまで」の挑戦と
「これから」の展開のために、伝えたいメッセージや事例を整理し、多様に持ち出せる
ようにする。そうした「クロニクル」を他の団体活動と比較し、合わせ、重ねて
情報発信することで新しい発見や視点をもつ。

そのための情報編集の「型」を学んでいただきます。

イシス編集学校では、二つ以上の情報、活動、人を交じり合わせ、物事を前進させ、新しい
関係を発見する編集技法を「インタースコア」と呼んでいますが、
NPOの情報発信についてエキスパートであるCANPAN(http://fields.canpan.info)と
情報編集を学ぶネットの学校であるイシス編集学校(http://es.isis.ne.jp/)が再びタッグ
を組み、NPOのための情報編集術を、ワークショップを通じてご紹介します。

NPO職員はもちろんですが、ボランティアやプロボノでNPOにかかわる
ビジネス・パーソン、企業CSR担当者などに有益な講座を企画しています。
ぜひ、ご参加ください。

 




(写真)前回までの講座の様子


 

 

 



■プログラム概要■

  ◎1日目
    ・「編集」「インタースコア」について
    ・情報発信のための編集の「型」
    ・クロニクル編集①「自分史」をつくる
    ・クロニクル編集②「団体史」をあつめる
    ・師範フィードバック&クロストーク

  ◎2日目
    ・「団体史」の共有
    ・「自分史」と「団体史」のクロニクル編集
    ・師範フィードバック&クロストーク

  ◎3日目
    ・情報発信のためのインタースコア編集
    ・発表
    ・師範講評
    ・エンディング・クロストーク

(内容・順番は予告なく変更になる場合があります)




山田泰久
NPO法人CANPANセンター
代表理事
日本財団CANPANプロジェクト
企画責任者

「編集」と「インタースコア」で情報発信が変わる

 イシス編集学校の講座でクロニクル編集術を学びました。世の中の事象をどのように扱い、その歴史をどのように捉え編集していくか。そこに、自身の歴史も重ね合わせて、社会と自分の接点を見いだしていく編集術はこれまでに習ったことのない手法でした。この編集の方法は、自団体の活動と社会課題の変遷を振り返り、あらためて団体の活動意義や魅力を伝えていくNPOの情報発信の手法として活用できるのではと考え、イシス編集学校と合同で今回の連続講座を企画しました。これまでにない新しい情報発信の方法について学び、実践したいNPOのみなさまにお薦めの講座です。

 

 



    
    CANPAN × イシス編集学校 連続講座シリーズ

  
     「NPOの情報発信のための、クロニクル編集ワークショップ」

日時  1日目:2016年 2月23日(火)19:00~21:30(18:30受付開始)
 2日目:2016年 3月15日(火)19:00~21:30(18:30受付開始)
 3日目:2016年 4月12日(火)19:00~21:30(18:30受付開始) 
場所 日本財団ビル会議室(東京都港区赤坂1-2-2) 
会費 1団体につき、税込価格 10,800円(本体価格 10,000円) *1団体2名様まで。
申込

申込 *2名申込みの場合は、備考欄に参加者のお名前をご記入ください。

主催 イシス編集学校、日本財団CANPANプロジェクト
問い合せ 学林局窓口(front_es@eel.co.jp


学校案内    コース一覧    学びのしくみ    受講生の声    体験講座    ISISネットワーク
                    

本サイトのご利用について | 特定商取引法に基づく表示 | 会社概要 | プライバシーポリシー
copyright: Editorial Engineering Laboratory. All rights Reserved.