ホーム > 校長は松岡正剛
松岡正剛

校長は松岡正剛

いま、社会はITが行き届いて、どんな情報も送り手の編集によって提供されています。こういう時代こそ一人ずつの情報編集力が問われます。自分で情報を切り拓き、自信を取り戻すことが生活にも仕事にも必要でしょう。イシス編集学校は、私の長年の編集メソッドをもとに、誰もが発想力・企画力・表現力などを身につけられるようにした汎用プログラムで構成されています。コロンブスの卵です。劇的です。高速です。変化に富んでいて力が湧き、仲間がふえ、世の中が見えてくると思います。すでに300名をこえる師範代がそのメソッドをネットと現場で伝授してくれています。

編集とはイメージをマネージすることです。会話も料理も、育児も営業も、政治も芸術も編集なのです。まず「守」を体験してみてください。それから「破」へ。最後の難関「離」は私のとっておきの秘伝です。では。


松岡正剛プロフィール

雑誌『遊』編集長、東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授をへて、現在、編集工学研究所所長・イシス編集学校校長。日本文化、芸術、生命哲学、システム工学など多方面におよぶ思索を情報文化技術に応用する「編集工学」を確立。執筆・講演・企画・構成・プロデュース・監修・演出などを数多く手がける。また、日本文化研究の第一人者として、「日本という方法」を提唱し、独自の日本論を展開している。
2000年2月から連載中の壮大なブックナビゲーション「松岡正剛の千夜千冊」は、300万アクセスを超える。
2009年10月には、丸善・丸の内本店内に、書店「松丸本舗」をプロデュース、話題となっている。現在、平城遷都1300年祭「日本と東アジアの未来を考える委員会」幹事長、「クール・ジャパン官民有識者会議」座長代理ほか、モデレーターとしての仕事も手がけている。
著書に『知の編集術』『知の編集工学』『情報の歴史』『日本流』『日本数寄』『フラジャイル』『遊学』『空海の夢』『花鳥風月の科学』など多数。

◎松岡正剛 全仕事(PDF版)
◎セイゴオちゃんねる






学校案内   コース一覧   学びのしくみ   受講生の声   体験講座   ISISネットワーク
             

本サイトのご利用について | 特定商取引法に基づく表示 | 会社概要 | プライバシーポリシー
copyright: Editorial Engineering Laboratory. All rights Reserved.