[コース] ISIS花伝所OBI-1輪読座

離

第十二季[離]世界読書奥義伝
【期間】2017年9月23日(土)
    ~2018年2月12日(月)

松岡正剛直伝プログラム


 2005年に始まった[離]も、はや12季を迎えることになりました。[離]はイシス編集学校のなかでもっとも難関で困難なコースとしてすっかり認知されてきましたが、松岡校長が書き下ろした世界読書テキスト「文巻」は毎季のように加筆によってボリュームが増え、10季以降は開講頻度が1年半に一度となり、さらには11季から入院審査をいっそう厳格にしたため、ますますもって難関度・困難度の高い講座となっています。
 [離]はなぜかくまでイバラの道を皆さんに歩ませようとするのか。それはひとつには、松岡校長の編集道の苛烈さをリアルに体験していただくため。またもうひとつには、全番回答をなしとげ世界読書奥義を手にしたこれまでの受講経験者の皆さんが、このイバラの道こそがいまの世においてかけがえのないものと大切にしてきてくださったからです。
 [離]は校長との同行二人の世界読書の冒険の旅であると同時に、離学衆経験者であって指導陣である火元組との、あるいはまた院仲間との相互編集の場でありインタースコアの場でもあります。これから12離に応募してみようと思われる方は、ぜひ、「場」から与えられる者としてではなく「場」に与える者として、壮大な世界読書の実験に参画してみようというつもりで、知情意のすべてを賭けおおいに張り切って臨んでいただきたいと思います。そのすべてを校長と火元組が受けとめます。

[離]総匠 太田香保

自他の戦線の最深部へ

 
 アベノミクスも基地問題も大学入試などの教育改革も、どうもままならない日々に紛れている日本です。もっとも施策に期待してばかりいてもしょうがないでしょう。こういうときは各自がじっくり力を付けておくべきです。校長は最近、ドミニク・チェン君と『謎床』という本を出版しましたが、これも知の糠床をしっかりつくっておこうという本です。
 そういう諸君に用意してきたのがイシス編集学校の校長直伝講座の[離]です。「世界読書奥義伝」の別名をもつ。これは「世界を読み尽くす」「そのための方法の奥義を伝授する」という意味です。自他のあいだにひそむ最深部に降りていく方法を伝えるということです。
 そのためにどんな中身が待っているかということは、すでに先達たちから風の噂のように仄聞しているだろうと思いますが、ともかくも前代未聞のもの、とうてい予想はつきません。だからこそ入院するしかないのです。
 今回は12離。ジューニリは「自由に離」というふうにもなります。ぜひ、そういう音感をもつ12離に参画してみてください。
 実は今期、大幅に指導陣(火元組)を新しくしました。両別当に蜷川明男と小坂真菜美が立ち、別番に大音美弥子と井田昌彦が、右筆に福田容子と小倉加奈子が、半東には中村麻人が当たります。いずれも校長が期待する才能の持ち主です。そこに倉田慎一・田母神顕二郎の二人の方師が、そして太田真千代母匠と太田香保総匠が控えます。これ、かなり最強の火元組です。
 いま、校長は自分の生涯の仕上げに向かうべく、さまざまな構想に着手しようとしています。その一端の息吹も感じてもらえると思います。では、待っているよ。


松岡正剛

[ 離 ]では松岡正剛校長は「火元」を名乗り、
10人体制の指導陣は「火元組」と呼びます。
離学衆をめらめらと焚きつけます。

カリキュラム

>トップ >カリキュラム >指導陣 >募集要項

校長直伝の講義を受けたり、指導陣と学衆がテーブルを囲み
ディスカッションなどで学び合う1日です。

受講期間:17週間

第12季[離]

受講期間 2017年9月23日(土)~2018年2月12日(月)
リアルセミナー
表沙汰(おもてざた)
日時:2017年12月16日(土) 13:00~20:00
会場:編集工学研究所 1F「本楼」
※受講者は必ず出席していただきます。万が一欠席された場合は退院を認めません。
退院式・典離式 日時:2018年3月10日(土)
会場:東京近郊を予定
定員 30人限定
受講資格 [守]および[破]修了者
※[破]アリスとテレス賞(知文および物語の両方)にエントリーした人を
  優先的に受け付けします。
受講料 税込価格 400,000円(税込)
※オリジナルテキスト代・図表代・指導料・表沙汰受講費を含みます。
申込方法

定員に達したため、12季の募集は締め切りました。
募集概要はこちら

問い合せ
(担当:八田)
学林局窓口(ri_editschool@eel.co.jp



学校案内   コース一覧   学びのしくみ   受講生の声   体験講座   ISISネットワーク
             

本サイトのご利用について | 特定商取引法に基づく表示 | 会社概要 | プライバシーポリシー
copyright: Editorial Engineering Laboratory. All rights Reserved.