企業・団体の方へ

いま、ビジネスに
「編集力」が求められている

新しい発想をいかに生み出すか
部下をどのように育成していくか
企業のビジョンを共有し浸透させる方法はどうあるべきか。
多くの組織が抱える課題に対して
カスタマイズしながらお応えしています。

イノベーションの土壌

現代はVUCAの時代と言われています。Volatility(不安定)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとった造語です。
このような正解がひとつではない時代には、これまでの分析手法、既存のフレームに沿った仕事の組立て方や、ハウツーだけでは立ち行きません。
変化し続ける世界に対して、情報を止まって分析するロジカル・シンキングだけではなく、情報を動かしながら活かすアナロジカル・シンキングが重要です。
動的にフル活用できる「思考の型」を身につけ、相互に触発しながら学びつづけることが不可欠です。

MENU

  • 企業研修
  • EditBiz
  • HCU

提携企業

ビジネス×編集

受講者インタビュー

シンガポールと日本のAIDAで

三菱商事太陽 福元邦雄

弔砲の轟音に包まれながら、建国の父リー・クァン・ユーの棺を載せた車は、国葬会場へひた走った。彼岸へ渡河した初代首相の葬儀は、国民全体の黙祷で幕を閉じた。「異質の中の同質性」を極め求心力を保つ海峡国、シンガポール。「同質の中の異質性」を排除し遠心力を働かせる島国、ニッポン。編集学校やHCUで学んだ私は、この地に赴任して約3年、両国の歴史的現在や関係線に想いを馳せつつ、さまざまなモノ・コトを編集的に受け止めている。編集学校のこれまでと、これから。関わる人の「投企の覚悟」がその無限の可能性の鍵を握っている。「脳と心とカラダ」のすべてが編集的存在となる至福の経験を多くの方にしていただきたい。

三菱商事太陽
福元邦雄
弔砲の轟音に包まれながら、建国の父リー・クァン・ユーの棺を載せた車は、国葬会場へひた走った。彼岸へ渡河した初代首相の葬儀は、国民全体の黙祷で幕を閉じた。「異質の中の同質性」を極め求心力を保つ海峡国、シンガポール。「同質の中の異質性」を排除し遠心力を働かせる島国、ニッポン。編集学校やHCUで学んだ私は、この地に赴任して約3年、両国の歴史的現在や関係線に想いを馳せつつ、さまざまなモノ・コトを編集的に受け止めている。編集学校のこれまでと、これから。関わる人の「投企の覚悟」がその無限の可能性の鍵を握っている。「脳と心とカラダ」のすべてが編集的存在となる至福の経験を多くの方にしていただきたい。

編集が全ての人に必須な時代に

電通総研 村越力
村越力 村越力

すぐれて編集的営みであるオープン・イノベーションは、領域を超えた協働と創発の動きとして企業や自治体の基幹領域にまで浸透してきた。活性化した地域では、社会的関係性の編集により、家・仕事・食・子育てなどの好循環が起きている。グローバル市場では、ビジネスマンが日本流の仕事と現地文化をいかに相互編集させるかという難題に直面している。今後は全ての人に編集が必須になる。未来が不確実さを増している今、個も社会も自由にする、編集がもたらす未来を信じたい。

電通総研
村越力
すぐれて編集的営みであるオープン・イノベーションは、領域を超えた協働と創発の動きとして企業や自治体の基幹領域にまで浸透してきた。活性化した地域では、社会的関係性の編集により、家・仕事・食・子育てなどの好循環が起きている。グローバル市場では、ビジネスマンが日本流の仕事と現地文化をいかに相互編集させるかという難題に直面している。今後は全ての人に編集が必須になる。未来が不確実さを増している今、個も社会も自由にする、編集がもたらす未来を信じたい。

世界市場は関係の編集から

キャピタランド・モール・ジャパン ゆう恵朱
ゆう恵朱ゆう恵朱

土埃舞うぼんやりとした空気の中、騒音が耳を突き、何本ものクレーンの影がうごめくアジアの街。混沌から出現する市場を求めて、世界中からヒト・モノ・コトがひっきりなしに集まってくる。「想定内」が使えるような環境に長く居過ぎると、スピードと多様性を前に、身動きが取れなくなる。
しかし「関係性を編集」することによって、そのダイナミズムを「苗代」にすることができる。歴史、文化といった背景を捉え、発展とともに変化する人々の暮らしや考え方を察知する。その土地に投入する資源、そして自分自身の関わり方を変化させながら市場へとつながっていく。絶え間のない関係性の編集は、土埃に隠れる世界市場への道筋を照らしてくれる。

キャピタランド・モール・ジャパン
ゆう恵朱
土埃舞うぼんやりとした空気の中、騒音が耳を突き、何本ものクレーンの影がうごめくアジアの街。混沌から出現する市場を求めて、世界中からヒト・モノ・コトがひっきりなしに集まってくる。「想定内」が使えるような環境に長く居過ぎると、スピードと多様性を前に、身動きが取れなくなる。
しかし「関係性を編集」することによって、そのダイナミズムを「苗代」にすることができる。歴史、文化といった背景を捉え、発展とともに変化する人々の暮らしや考え方を察知する。その土地に投入する資源、そして自分自身の関わり方を変化させながら市場へとつながっていく。絶え間のない関係性の編集は、土埃に隠れる世界市場への道筋を照らしてくれる。

硬直しがちな合理を破る

三菱電機 福嶋秀樹
福嶋秀樹福嶋秀樹

企業、とくにメーカーでは、緻密な合理を求める。検討においては種々の可能性を追及するが、最終的な論旨は品質や収益に向かう明確な一本道とする。一方、編集学校で注視するのは多様性だ。異種を「方法」によって組み換え、重ね、遊びと端緒を忍ばせる。組み立てに意を注ぎ、すべては明かさない。伏せて開けるを基本とする。開け方が変われば、明くものは変わる。世界知や日本文化から漉すいた「方法」を用い、相互交感による多彩な創造の発現を仕掛けるのだ。
硬直しがちな合理には、大胆な異種編集と仮説編集、余白編集が必要だ。編集学校にはその方法があり、方法を携えて先を拓く者が揃う。職業・地位・年齢を超え、集う人々が私を挑発する。

三菱電機
福嶋秀樹
企業、とくにメーカーでは、緻密な合理を求める。検討においては種々の可能性を追及するが、最終的な論旨は品質や収益に向かう明確な一本道とする。一方、編集学校で注視するのは多様性だ。異種を「方法」によって組み換え、重ね、遊びと端緒を忍ばせる。組み立てに意を注ぎ、すべては明かさない。伏せて開けるを基本とする。開け方が変われば、明くものは変わる。世界知や日本文化から漉すいた「方法」を用い、相互交感による多彩な創造の発現を仕掛けるのだ。
硬直しがちな合理には、大胆な異種編集と仮説編集、余白編集が必要だ。編集学校にはその方法があり、方法を携えて先を拓く者が揃う。職業・地位・年齢を超え、集う人々が私を挑発する。

過去の照り返しの先に未来を見る

リクルートマーケティングパートナーズ 金井良子
金井良子金井良子

長年連れ添った夫婦はどこか似るという。それは二人の異質な文化の衝突と融和を経て、補助線を何度も引き直し、相互編集をつづけた結果としての変化なのだろうと、その長い物語を感じずにはいられない。
ビジネスにおけるマーケットの現在や揺れ動く未来を見る視点もそれに似て、ときに異質な過去の照り返しの先に像を結ばせることで、今まで見えなかった仮説をもつことができる。だからこそ、未来の物語の紡ぎ手になりたいなら、自分が紡がれる覚悟を持つ必要がある。

リクルートマーケティングパートナーズ
金井良子
長年連れ添った夫婦はどこか似るという。それは二人の異質な文化の衝突と融和を経て、補助線を何度も引き直し、相互編集をつづけた結果としての変化なのだろうと、その長い物語を感じずにはいられない。
ビジネスにおけるマーケットの現在や揺れ動く未来を見る視点もそれに似て、ときに異質な過去の照り返しの先に像を結ばせることで、今まで見えなかった仮説をもつことができる。だからこそ、未来の物語の紡ぎ手になりたいなら、自分が紡がれる覚悟を持つ必要がある。