MEDIA

メディア

ISISFESTA

 

豪徳寺にある編集工学研究所1F「本楼」で開催する
編集の祭典「ISIS FESTA」は、
イシス編集学校の守破離のコースさながらに、ざまざまな「方法の味」を
少しだけデリバリーし、「お題」と「指南」を交わし合う劇場に、仕立てます。

 

11月の「ISIS FESTA」は、第二回目となる「DONDEN祭」です。
昨年オープンした松岡正剛・総合監修の「近畿大学アカデミックシアター」に
ちなんだプログラムをお届けします。

 

DONDEN」とは、その2Fにあるマンガ・新書・文庫で構成された
3万冊の本棚空間です。詳細はこちらをご覧ください。
マンガから知の奥へ、また原著からマンガへと、知のどんでん返しが起こる空間が
話題を呼んでいます。

 

第二回目のゲストは、批評家の永山薫さんと、漫画家の山本直樹さん
松岡正剛とのスペシャル鼎談もお楽しみに。

 

2018年11月22日[日]、2万冊のブックサロンスペース・本楼にて、
皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

DONDEN祭vol.2

「赤と青 快楽ミームが伝播する」

 

2018.11.22 木 | 19:30~22:30 | 5000円(税別)

 
 

スタンダールの恋愛小説『赤と黒』は、
宗教権威無視の態度が問われ禁書とされた。
「人は禁じられたものから順に覗きたがる」
と言い放ったのはモンテーニュである。
 
山本直樹の『BLUE』(青)は、
露骨な性描写を理由に有害図書に指定され、
1969年から72年にかけて日本で革命運動に身を投じた
若者たちを描いた『レッド』(赤)は、
文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。
 
「青いエロス」から「赤いテロル」へ
越境する快楽ミームの迷宮を批評家・永山薫が透視する。

 
 
 

イベント概要

マンガ・新書・文庫をつなげて読む共読イベント「DONDEN祭」。
マンガから知の奥へ、また原著からマンガへと、知のどんでん返しを起こします。

 
日時・場所
◉日時:2018年11月22日(木)19:30〜22:30(19:00開場)
◉場所:ブックサロンスペース本楼
(小田急線・豪徳寺駅、東急世田谷線・山下駅より徒歩7分)
◉住所:東京都世田谷区赤堤2-15-3
◉参加費:5400円(税込み)
◉主催:イシス編集学校
 
どなたでもご参加いただけます。
 
 

プロフィール profile

永山薫/ ながやま・かおる @Kaworu911

1954年生まれ。大阪府出身。漫画評論家、編集者、作家。ミニコミ誌『マンガ論争』の編集人を務め、漫画と表現規制、著作権、図書館、教育、ジェンダーなど漫画界と近接領域の取材・執筆を行う。主な著書に『増補エロマンガ・スタディーズ 「快楽装置」としての漫画入門』(筑摩書房)、共著に『網状言論F改』(東浩紀編著/青土社)など。
 

山本直樹/ やまもと・なおき @tsugeju

1960年生まれ、北海道出身。84年に「森山塔」名義でデビュー。『Blue』 『ありがとう』 『フラグメンツ』 『堀田』 『分校の人たち』全3巻ほか、発表作多数。雑誌『イブニング』で2006年から連載、連合赤軍をテーマにした『レッド』は、2018年5月号をもって完結。『レッド』は2010年、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

 
 
 


MESSAGE

「脳はあらゆる情報を自分が意識しないまま編集している」第1回ISISフェスタゲスト講師、認知心理学者・下條信輔氏の言葉です。

いま、世の中は「編集の時代」に突入しています。あらゆる情報や知識がマスメディアやモバイル端末を介し編集されて届いています。こういった情報をそのままを受け取るのではなく、自分なりに収集、選択、組合せ、構造化、表現できる編集力が問われています。松岡正剛は、こういった力を「インタースコア編集力」と名づけました。

イシス編集学校は、2000年に開講以来、インターネット上で3万人以上の人に「編集」を伝え、580人以上の「インタースコア編集力」を身につけた師範代を輩出。2015年12月には書籍『インタースコア』を刊行いたしました。編集をより多くの方に知ってもらい、さまざまな切り口から編集に触れていただくためのイベントが「ISISフェスタ」です。

イシス編集学校が主催するISISフェスタには2つの特徴があります。ひとつは、イシス編集学校は「方法の学校」ですから、それぞれのイベントを方法的に行おうということです。着物、落語、ビジネス、アート、教育、それぞれのプロフェッショナルがもつ方法を「型」として伝えます。

もうひとつはイシスの意味でもある「Interactive System of Inter Scores」から、 インタラクティブな場であり、インタースコアが興る場であるということです。たとえば、ゲストから事前にお題がでたり、即興の課題がでたり、お互いのスコアリングを交わし合ったり、インタラクティビティがもつ力を感じてもらうイベントになっています。

ISISフェスタで「編集」の楽しさを感じたら、つぎはご自身がイシス編集学校で「編集力」を身につける旅に一歩踏み出してみてください。編集はめっぽう面白いのです。