2014.3.29   [レポート]
「花の瀬 際の破」◆第40回感門之盟レポート3

 

指南を全うした師範代に、松岡校長のサインと一人ひとりへのメッセージが書かれた「先達文庫」が
2冊手渡される。毎回、このシーンを見ながら「自分も師範代やってみたいな~、校長からああやって
本をもらいたいな~」と思う学衆さんも多いのだ。

先達文庫授与シーン1先達文庫授与シーン2

※29破先達文庫はこちら

師範Tシャツ師範Tシャツ授与シーン

師範のみなさんへは、ここ数回恒例となった「師範Tシャツ」(今回は長袖の冬バージョン!)が贈られた。

 

 

本楼の4カ所に分かれ、教室ごとに師範代から学衆さん一人ひとりへ「突破証」の授与。
突破証を渡す師範代の顔も、受け取る学衆さんの顔も、それを見守る師範の顔も、とびっきりの笑顔だった。

突破証記念写真(内田師範代と学衆さん)

 

29破の面々が1階本楼で和気藹々と「突破証」を受け取っていたそのころ、2階学林堂では22名の放伝生に
「師範代認定証」が授与されていた。実際に師範代となって教室をもたなければ、この「師範代認定証」をもって
いたところでペーパードライバーと同じ。ぜひ師範代としてデビューを、と田中花伝所長。

やまぶき道場記念写真

 

20花の放伝生11名を含む、総勢15名の「新教室名」が、カカ~ンッという拍子木の音とともに発表に。

自分が案を出しそれを松岡校長が編集してくださった「この世に二つとない教室名」を聞いた瞬間の反応は、
ビックリしたり、ぽかんとしたり、しめしめと思ったり、どっと涙が出たりとさまざま。

教室名発表シーン3

 

吉井優子師範代:アルカナ・ミザール教室

山口生人師範代:縁宴しめしめ教室

岡崎美香師範代:木のぼりソーダ教室

園田隆克師範代:佐賀ポータブル教室

井戸一智師範代:メタモル部品教室

吉野美里師範代:葦笛メール教室

下柿元昭夫師範代:ことだまシャトル教室

舘野耕一師範代:道草トルネード教室

田原一矢師範代:遊行ペイズリー教室

小野寺洋子師範代:参度イット教室

宮原由紀師範代:稜線シンデレラ教室

新藤雅子師範代:志操越天楽教室

竹内裕明師範代:余白整体教室

本多亜紀師範代:浮世デバイス教室

石井梨香師範代:風の三味線教室

 

今回の校長校話のテーマは「方法の瀬を渉る」。

『週刊ポスト』で連載されていた「百辞百物百景―コンセプト・ジャパン100」の数々のテーマを繋ぐ“高速瀬渉り講義”だ。

校長「方法の瀬を渉る」校長「方法の瀬を渉る」

「日本する」とは?

編集は一滴のしずくから

いったんローカライズする

もともともっていたものと照らし合わせる

価値を託す

禍々しいものも重視する

「一滴」に戻る

グローバルスタンダードと「日本する」を一致させるために

 

 

これらのすべてが編集学校にはある、ということを多くの方がしみじみ感じられたのではないだろうか。

 

校長のメモ校長のメモ

 

そうそう、この校話で使われた「セイゴオ校長のメモ」がGISISの「どこか」に飾られるというサプライズなお知らせも!

これはぜひ、ゴートクジに行かなくては!

 

全体記念写真