2012.8.30   [おしらせ]
イシス編集学校第31回感門之盟情報

ただいま、イシス編集学校では9月16日開催の「第31回感門之盟」の準備中です。
   ◎===============◎ 
    イシス編集学校 第31回 感門之盟 
   ◎===============◎ 

 今回のテーマは「連創力」。
 編集学校の本来から将来に向けて、
 イシスの伝統と前衛を連ね、新たな感門スタイルを創っていく
 機会になります。

 今回感門対象となるのは、
 第27期[守]・第26期[破]・第八季[離]
 第17回[ISIS花伝所]・[遊]風韻講座 第十座の皆さん。
 該当期の方も、期外の方も、イシス編集学校ならではの「創」を連ねるために
 このお祝いにぜひ、参加なさってください。
 
 千夜千冊のリニューアルと松丸本舗のクローズという節目にも重なる
 感門之盟です。松岡校長ともども、皆さまにお会いできるこの日を
 楽しみにしております。

 以下、開催日程、お申し込み、参加費お支払い方法などの概要となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◎ イシス編集学校 第31回 感門之盟「連創力」/概要 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ┏──────────────────────────┓

  [日時]2012年9月16日(日)(13時~19時半 予定)

  [会場]浜離宮 朝日ホール(小ホール)
      東京都中央区築地5-3-2
   http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/access/index.html

  [参加費] 6000円

   [申込締切」9月9日(日)

 ┗──────────────────────────┛
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ◎  アフター感門之盟(二次会)/ 概要  ◎

……………………………………………………………………………

 <アフター感門之盟>では、感門之盟で見て聞いて感じたことを
 イシスの絆の中で存分に語り合ってくださいね。
 (なお、会場スペースの都合で、アフ感参加の受付は先着180名
 の方を優先させていただきますのでご了承ください)

 ┏──────────────────────────┓

  [日時]9月16日(日)20:30~22:30
 
  [会場]OLD MAN’S UN 汐留
   http://www.un-club.com/shop/siodome.php

  [参加費] 5000円(食事、飲食代込み)

   [申込締切」9月9日(日)

 ┗──────────────────────────┛

      ★ ━・━・━・ ご注目!・━・━・━ ★

       「お申し込み」と「参加費支払」について 

      ★ ━・━・━・━・━・━・━・━・━ ★
 
 <感門之盟><アフター感門之盟>に参加お申し込みの方は、
 事前に商品カートからお支払いをお願いいたします。
 当日の受付混雑を避けるためにご協力をよろしく。

 お支払用URL:http://es.isis.ne.jp/shop/products/list.php?category_id=14

  【1】当期感門対象のみなさんへ  
 
  ・それぞれのコースラウンジで師範代、師範がご案内します。
   ラウンジで出欠のお返事をされたのち、上記URLのカートから
   お支払いをすませてください。

  【2】感門期外OBのみなさんへ 

  ・上記URLに必要事項をご記入のうえ、商品カートからお支払いを
   お願いいたします。

  【3】ご同伴者のいる方へ

  編集学校にご興味をお持ちのお知り合いやご家族、ご友人など、
  [守]入門前の方をぜひお誘いください。
  同伴1名さままで、無料にて感門之盟にご招待いたします。

  ・上記URLでお申し込みの際、カートの後半ページに
   「その他お問い合わせ」の欄があります。
   こちらにご同伴者のお名前、ご自分との関係(妻、友人、同僚など)
   をご記入ください。

  【注】<アフター感門之盟>については、ご同伴の方も参加費を
     お支払いいただくこととなります。ご了承ください。
   

・・・・・・δ・・・・・・δ・・・・・・δ・・・・・・δ・・・・・・δ

 感門之盟は期の編集稽古、指南を全うされたみなさんの晴れの場です。
 ぜひ「晴れの場」にふさわしい装いを身に心にまとって、ご来場ください。

 鮮やかな「創」、軽やかな「創」、疾走する「創」、深みある「創」……、
 さまざまな創が重なり合って連鎖していくにちがいない9月16日です。

 皆さまのお越しを心待ちにしております。

師範代の感門シーン(第30回感門之盟より)