2012.7.29   [おしらせ]
親子共読キャンペーン!夏休み「読書術レッスン[序]・親子割引」

この春、帝京大学・教育学部のカリキュラムに加わった「読書術コースウェア」
この2週間のプログラムを、親子ペア割引で実施します。
お子さまは、中学生、高校生、大学生および、もちろん成人されていてもOKです。
この機会にぜひご参加ください!

 

*<松岡正剛の読書術レッスン[序]>では、
「目次読書(もくじる)」、「マーキング読書(しるしる)」、「キーフレーズ読書(ぶんぶん)」の3段階で、スピーディに1冊を読む体験をします。
さらに、読書を加速させる連想力や見方を多様にするエクササイズを通して、親子で“共読”を楽しんでいただけるプログラムです。

 

  受講した学生を対象に行ったアンケートでは、
  「本を興味深く読む方法だと思った」
  「人と一緒に読むことで見方が広がった」
  という回答が多く寄せられ、
  目次読書の効果についても

  「すばやく一冊の内容を理解できるようになる」
  「本の内容から自分の考えがまとまる」
  「本に親しみを持てて、読書が好きになる」
  「大学での勉強にも役立つ」
  という回答が5割以上を占めていました。

 

 

 ★松岡正剛の読書術レッスン・序も開講中、
  毎週金曜日、定員5名以上でレッスンを催行しています。


親子で共読!「読書術レッスン[序]・親子割引」
——————————————————————————-

 開講日: 8月3日(~23日) 、8月10日(~30日)
      2週間で8題、開講期間は3週間です。
      序師(編集コーチ)が全コースをナビゲートします。

 対象  : 親子(中学、高校、大学生のお子さん、成人もOK)
 定員  : 6名(3組)   
 受講料 : ¥12.600 (2人分/税込)
 申込み : 以下のページからお申し込みいただけます。
 http://es.isis.ne.jp/shop/products/detail.php?product_id=79

 お問合せ: jo-editschool@eel.co.jp/03-3568-2103
              学林局までお気軽にどうぞ。

 

◯課題本について
 ・ マーカーの色を変えたりして、同じ一冊を読んでいただいても構いません。
 ・ 推奨本以外を選んでもらうことも可能です。
   レッスン用としては、小説以外で、目次が2ページ以上ある本、
   200〜250ページ位の新書が最適です。

 

*親子で共読!推奨本* 
 『いのちの食べかた』 
   (よりみちパン!セ) [単行本]

 森 達也 (著)

  『物語の役割』
 (ちくまプリマー新書) [新書]
 小川 洋子 (著) 
  『翻訳教室: はじめの一歩』
  (ちくまプリマー新書) [新書]
 
 鴻巣 友季子 (著)  
  『多読術』
(ちくまプリマー新書)[新書]
 
 松岡正剛(著) 
  『進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線』
 (ブルーバックス) [新書]
 
 池谷裕二 
  『宇宙の不思議―宇宙物理学からの発想』
 (PHP文庫) [文庫]

 佐治晴夫(著) 

  『悩む力』
(集英社新書) [新書]

 姜尚中(著) 

  『じぶん・この不思議な存在』
 (講談社現代新書「ジュネス」) [新書]

 鷲田 清一(著) 

  『反米大陸―中南米がアメリカにつきつけるNO!』
 (集英社新書 420D) [新書]
 
 伊藤 千尋 (著) 
 
『グローバリゼーションの中の江戸』
 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)[新書]

 田中 優子 (著)