[コース] ISIS花伝所OBI-1輪読座 

校長 松岡正剛がつくった多彩なカリキュラム。編集力を究める。 師範代養成プログラムの花伝所、五七の定型詩で遊ぶ風韻講座、 五つの短編・長編をつくる物語講座など、15年の人気を支えるISIS独自の講座です。

受講後の流れ


受講前の流れ

受講申し込みが完了したら・・・

「受講の手引き」と教材を確認!(郵送されてきます)
・「受講の手引き」にて、[守]基本コースのカリキュラムや稽古ラウンジの利用方法などの基本事項をご確認下さい。
・『知の編集術』(校長・松岡正剛著)は[守]基本コースの教材であり、これから学ぶ編集術のエッセンスや稽古の背景にある編集的世界観を知ることができる解説書です。ぜひ、ご一読ください。
Edit Cafeへログイン確認!(メールでIDとPASSが送られてきます)
「編集稽古」のための教室は、インターネット上の会議システム<EditCafe>を利用して運営されます。メールに記載されているID・PASSWORDを入力し、ログインの確認をお願い致します。
千夜千冊を読んでみよう!
イシス編集学校の校長・松岡正剛は、web上に壮大なブックナビゲーション「千夜千冊」を公開しています。 1400冊を超える古今東西の書物を取り上げている校長の編集ぶりは、イシス編集学校で編集術を学ぶ皆さんにとっての貴重な「お手本」です。 稽古の折々にもアクセスしてお楽しみください。

↓いよいよ受講開始!!

受講中の様子

※基本コースの場合




お題に答えて、指南にときめく
週に2~3回届く「お題」に「回答」し、師範代から「指南」を受ける。
この繰り返しによって、編集力と表現力が確実に身につきます。

受講後の様子

 

約8割の方が基本コース[守]を全修了しています。その後は、多くの方が次の応用コース[破]に進み、編集術を構造的に学んでいきます。[破]を突破した後は、師範代(編集コーチ)を養成する[花伝所]松岡正剛の世界読書奥義を伝える専門コース[離]編集術を物語や歌(短歌・俳句など)のさまざまな方法でさらに磨ける[遊]といった多様なコースで編集の世界を味わうことができます。





学校案内   コース一覧   学びのしくみ   受講生の声   体験講座   ISISネットワーク
             

本サイトのご利用について | 特定商取引法に基づく表示 | 会社概要 | プライバシーポリシー
copyright: Editorial Engineering Laboratory. All rights Reserved.