松岡正剛直伝プログラム【世界読書奥義伝】
  2005年にイシス編集学校に[離]が生まれてから、はや8年目を迎えようとしています。新自由主義とカジノ資本主義の暴走、金融危機、日米の政権交代、そして3・11の大震災と原発事故。そんな日本と世界の動揺のなかで、 [離]は一途に、ひたすらに、松岡正剛から離学衆へと、ローソクの灯りを手から手へと継承しつづけるかのように、年に一度の開講を重ねてきました。
 「世界読書奥義」の意味するものはまことに深淵です。それは、全16週間の苛烈なプログラムを経ることによっておのずと発見されていく、世界観であり存在学です。ひとりひとりに内発する物語を引き出しながら、それを共読可能にする方法論でもあります。そのすべての秘密は、松岡正剛が[離]のために書き下ろした格別なテキスト「文巻」にあります。
さらに[離]は、最少多様性を極めるために、受講者を30人限定としています。良薬であると同時に劇薬でもある「校長直伝」をまっとうできるかどうかを見極めるための「入院審査」もあります。指導は、火元SM校長こと松岡と、「文巻」に込められた「お題」に通じた10人の火元組が当たります。
このように、[離]はまことにまことに狭き門ではありますが、入院すればたちまち全方位に窓が開き、足元には日本と世界の波濤がひたひたと寄りくることに気が付くことでしょう。全身が総毛立つような、めくるめくエディットリアルな時間が広がっていくことでしょう。一抹の勇気さえ携えて来ていただければ、過去の離学衆同様に、かけがえのない体験ができることを請け合います。

[離]総匠 太田香保
 
 
松岡正剛直伝プログラム
「世界読書奥義伝」第八季
 開講日は、2012年4月7日!
募集要項をご確認の上、
お申込みください。
 

■松岡正剛校長直伝プログラム「世界読書奥義伝」第八季


 募集要項はこちら→ 「第八季 募集要項」
       






火元校長・松岡正剛

 すでに何らかの風聞はちらちら伝わっているだろうけれど、でもね、「離」はそれらの風聞ではとうてい感知できないものです。まあ、みんなもうすうすそう思っているだろうけれど。
 まずもって私が「文巻」という400字原稿用紙で1200枚に及ぶテキストを書いているんですね。その内容は古代から現在に、物質から脳に、言語から図像にまで及びます。でも「知」を提供しているばかりじゃない。「心」が出入りできるようになっている。しかもこのテキストはね、実は毎年バージョンアップしているのです。
 その「文巻」に大小の名状しがたいほど凝ったプログラムと、お題とが星座のように埋めこまれています。いわばテキストはハイパーテキスト状に開いているのですね。それをみんなが共有する。そのエディティング・メソッドにこそ、世界読書奥義伝のヒミツがあるんだね。
 しかし、「離」の最も誇るべきものは「火元組」という格別の指導陣がいるということです。第8離では新たに田母神顕二郎クンと塩田克博クンに別当師範代になってもらいました。3代目就任です。たのしみです。方師の倉田慎一クン、別当師範の太田眞千代マザーには引き続き君臨してもらい、さらに別番に米山拓矢・小島伸吾が昇格し、右筆に初登場の小西明子・小濱有紀子、そして7離から引き続いての半東・吉村堅樹が揃います。太田香保総匠のもと、この火元組がいるかぎり「離」は極上です。
 まだ「離」に入ろうかどうか迷っているのなら、いま決断すべきです。自信があるかどうかはカンケーありません。世の中にこういうセカイがあることを是非とも覗きなさい。では、待っているよ。



千載一遇の出会い
○別当師範・太田眞千代
自由を手にするために
○別当師範代・田母神顯二郎
ただ一途に門戸を叩け
○別当師範代・塩田克博
Fight or flight
○方師・倉田慎一



◆金宗代(探源院)
◆池澤祐子(探源院)
◆福田容子(構肖院)
◆村井宏志(構肖院)





◆安藤昭子(観尋院)
◆川野貴志(観尋院)
◆小坂真菜美(観尋院)
◆田母神顯二郎(聴相院)
◆花岡安佐枝(観尋院)





◆米山拓矢(耽像院)
◆小濱有紀子(耽像院)
◆蜷川明男(遊境院)
◆福田徹(耽像院)





◆土屋満郎(迅興院)
◆大武美和子(閃翔院)
◆赤松木の実(迅興院)
◆広本旅人(閃翔院)
◆ヤハギクニヒコ(迅興院)





◆日玉浩史(万酔院)
◆中村正敏(放恋院)
◆成澤浩一(万酔院)
◆野嶋真帆(放恋院)
◆大音美弥子(放恋院)





◆塩田克博(蓮條院)
◆オカムラナヲエ(蓮條院)
◆赤羽卓美(風鏡院)
◆川島陽子(風鏡院)





◆古川柳子(玄黒院)
◆先田新一(玄黒院)
◆堀口裕世(玄黒院)
◆小清水美恵(悠窓院)
◆渡部好美(悠窓院)
◆林雅之(悠窓院)

























→第五季[離]ポート通信へ
→第四季[離]ポート通信へ
→第三季[離]ポート通信へ
→第二季[離]ポート通信へ
→第一季[離]ポート通信へ