破の基本コース 破の基本コース

第39期[破]基本コース

入 門 日

2017年10月16日(月)

稽古期間

2017年10月16日(月)
〜2017年2月11日(日)

※申し込みは締め切りました

実戦エディットのステージで
情報編集の「型」を活用する

[破]応用コースでは、[守]で学んだ思考の型を実践的に活用し、文体編集・クロニクル編集・物語編集・プランニング編集の4つの編集術を学びます。メディア、プロジェクト、クライアントを想定し、社会を再編集する力をつける4ヶ月です。

文章編集、物語編集といった
情報をメディアにする力

膠着し停滞している情報に
新たな価値を生み出す力

未知のプロジェクトをイメージし
実現するための実践力

従来の自分を破り、思考の癖を破り、仕事の限界を破り、情報の渦を破って、未知に立ち向かえる総合編集力を体得します。

破の17週間

破の17週間
文体 編集術 文体 編集術
詳細

情報をいかに集め、どのように構造化し、意外な視点をもちこむのか。情報発信が必要な時代に欠かせない編集術を学ぶ、[破]最初のステージです。言葉の連鎖、対比を駆使する型を学び、相手に伝わるプロ仕様の文章編集力の基礎を身につけます。

クロニクル編集術 クロニクル編集術
詳細

自分史と一冊の本の情報。異なる二つの年表を抽出し、新たな関係線を発見して、再編集する。情報の時代、分野、地域をクロスし、意味、意義を発見していく。歴史の本来を見通して、見えていなかった方向性を発見し、これからの将来を仮説する力をつけるのがクロニクル編集術です。

物語編集術 物語編集術
詳細

商品にも企業にも地域にも「物語」が求められています。編集工学が提唱する物語のマザータイプ(母型)と物語5要素を使い、新たな物語の創出に取り組みます。人の感情を動かすことができる自由なストーリーエディティングのスキルを手に入れることができます。

プランニング編集術 プランニング編集術
詳細

経験だのみの企画づくりではなく、方法的プランニングへ。外部環境と内部リソース、課題と別様の可能性といった与件を整理。目的のオプションを多様に拡張しておいて、コンセプトメイキングに向かう。仕上がったプランから、方法を取りだして、隣接するプロジェクトへの応用や適用を考える。変化の時代に必要なプランニングメソッドを習得します。

第39期[破]応用コース

入 門 日

2017年10月16日(月)

稽古期間

2017年10月16日(月)〜 2018年2月11日(日)

定  員

100名

受講資格

[守]基本コース修了者

受 講 料

118,000円(税込)

※申し込みは締め切りました